2017年06月21日

沙羅双樹の花の色  他

026s.jpg

029s.jpg
本日(6月21日)午後、近くの願行寺へ沙羅双樹の花の様子を見に行ってきました。
昨夜からの大雨で如何と心配しておりましたが白い花を一杯つけていましたよ🎶(上)。

以下、ネットより。日本における「沙羅双樹」はツバキ科落葉樹の「ナツツバキ。
名前の通り初夏に白いかれんな花をつけます。
この花の寿命はわずか1日です。朝に咲き,夜には落ちてしまいます。
椿の仲間ですから花びらを散らさず,花全体がそのまま落ちます。
このはかなさが平家一門の「盛者必衰」を表していると
平家物語の作者は考え、次のような一節から始まっています。

祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり
     沙羅双樹の花の色 盛者必衰の理をあらわす
奢れる者も久しからず ただ春の夜の夢の如し
     猛き人もついには滅びぬ ひとえに風の前の塵に同じ


015s-s.jpg
昨日(6月20日)は大教会からT先生(81)をお迎え
南誠・月次祭を厳かにつとめることができました。

講話の余話の中で、T先生が同窓会へ行った節に
そこの店の方からお客が全員81歳なので
「18歳と81歳の違い」のコピーが配布され
大いに笑わして頂いたと披露、こちらでも爆笑😃😃😃。

「18歳と81歳の違い」

 ・道路を暴走するのが18才、逆走するのが81才

・心がもろいのが18才、骨がもろいのが81才

・偏差値が気になるのが18才、血糖値が気になるのが81才

・受験戦争を戦っているのが18才、アメリカと戦ったのが81才

・恋に溺れるのが18才、風呂で溺れるのが81才

・まだ何も知らないのが18才、もう何も覚えていないのが81才

・東京オリンピックに出たいと思うのが18才、東京オリンピックまで生きたいと思うのが81才

・自分探しの旅をしているのが18才、出掛けたまま分からなくなって皆が探しているのが81才

・「嵐」というと松本潤を思い出すのが18才、鞍馬天狗の嵐寛寿郎を思い出すのが81才


011s-s.jpg
この日はNさんの98歳のお誕生日でした。
次女に連れられ、元気に教会までご参拝、
誠におめでとうございました。

042s.jpg

056s.jpg

一昨日(6月19日)、長らく気にしておりました金魚の水槽掃除ができました。
金魚二匹、本日も近くへ見に行くと元気にエサを所望しており嬉しいことでした。

posted by osamu ちゃん at 16:31| 京都 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | くらし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
佐野です。平家物語の本を読んで「沙羅双樹」名は知ってましたが、写真とはいえ目にするのは初めてでした。
花の寿命は1日と言うことですが、翌年はまた咲くでしょうからまた楽しめますですね。
「18歳と81歳の違い」の文、笑いながら拝読しました。
ありがとうございます。
Posted by 佐野 無色 at 2017年06月22日 06:25

佐野 無色  様

おはようございます! コメントを有難うございました。
「沙羅双樹」、花の寿命は1日ですが、ツボミは沢山ついていますので次々と咲き半月くらいは楽しめる様です。
「18歳と81歳の違い」の文、落語家の集まり・テレビ「笑点」などが始まりだそうですが、トンチが効く人は素晴らしいものですね! 『笑いながら拝読』して頂き有難うございました。
ありがとうございます。
Posted by osamu at 2017年06月22日 08:37
金魚さん、とても元気で嬉しいです。
白くて可憐な花、花の寿命はわずか1日,沙羅双樹の命の潔さを感じながら盛者必衰をよませていただきました。
「18歳と81歳の違い」笑わせていただきました。まったくそうだと思うえるからで、楽しいお話ですね。ありがとうございました。
Posted by 森 すえ at 2017年06月23日 05:24

森 すえ  様

おはようございます! コメントを有難うございました。
『金魚さん、とても元気で嬉しいです。』:気になっていた水槽掃除も無事終え、今朝もピチピチと水音をたてながらエサを求めて元気一杯で嬉しいことです。
『白くて可憐な花、花の寿命はわずか1日,沙羅双樹の命の潔さを感じながら盛者必衰をよませていただきました。』:非常に勢いのあるものもいつかは次の世代へとバトンタッチしていくもののようですが、それがいつになるのか分からないのがハカナク、また良いのかもしれませんネ!
『「18歳と81歳の違い」笑わせていただきました。まったくそうだと思うえるからで、楽しいお話ですね。』:まもなくそんな年齢を経験していくんですね。ヒトゴトで無いだけに常に前向きに明るく楽しく生きていきたいものですね。こちらこそ、ありがとうございました。
Posted by osamu at 2017年06月23日 09:38
コメントを書く
コチラをクリックしてください
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/451073713

この記事へのトラックバック