2017年06月04日

木津の史跡を訪ねて  他

0001s-マップ.jpg
6月2日(金)、許乃国教室歴史探訪サークルから
「木津の史跡」の一部を訪ねてきました。
当日はご指導の岡井先生以下
41名の会員がJR木津駅に集合。

012s.jpg
A幹事、指導のもとに全員で出発前のストレッチ体操です。

015s.jpg
JR木津駅から ① 御霊神社 へ向かって歩いていますと路端に
大きな太陽光パネルが並んでいました(上)。

020s.jpg
上が御霊神社正面です。
022s.jpg
拝殿正面(上)と拝殿の中(下)です。
053s.jpg

036s.jpg
本殿は流れ造りの一間社です(上)。 以下はネットから参照。

御霊神社(ごりょう じんじゃ)は、木津川河岸の南に位置している。「木津の御霊」ともいわれ、木津郷の産土神として祀られてきた。
 祭神は、天穂日命(あまのほひのみこと) 、天津彦根命(あまつひこねのみこと) 、活津彦根命(いくつひこねのみこと)。アマテラスとスサノオの誓約(うけい)により生まれた男児のうちの次男、三男、四男を祀る。
◆歴史年表 創建、変遷の詳細は不明。
 平安時代、876年、創建されたという。
 かつては、大路村(木津川市)にあり、その後移転したという。
 江戸時代、1730年、現在の社殿が建立された。
 現代、1983年、造営、整備されている。
◆宮座 神事執行などに際して、氏子内部で独占的機能をもつ集団である宮座がある。
 木津御輿太鼓祭(木津祭)では、総取締「年番」が当てられ、各町の長老が就く。祭礼の際に太鼓台は、宮座の年寄が列座した中を三周する。
◆年間行事 木津市の指定無形民俗文化財「木津御輿太鼓祭(木津祭)」(10月第4土・日曜日)が知られている。
 祭りは江戸時代末期に、豊作を感謝して始まったという。かつては9基の布団太鼓台(御輿)が、2日間にわたり御霊神社、田中神社、岡田国神社の三社を渡御していた。
0001-index-01.jpg

 太鼓台組合の布団太鼓台には、彫刻を施した台に太鼓が組み込まれている。木枠をビロードで包んだ布団が三段に積まれ、屋根形にしている。台に子どもが乗り、打ち鳴らす太鼓に合わせて台が繰り出す。夜には、台に提灯がともされ町内を練る。
 現在は5基の台が、土曜日、日曜日のいずれかの1日に、御霊神社、岡田国神社のいずれか一社に参詣する。

058s.jpg
次は ② 上津(こうづ)遺跡です。

上津遺跡は、木津川の水運に関係した奈良時代の官衙(かんが)です。

 昭和51年に発掘調査が開始され、今までに160メートル以上も東西に延びる溝、これに並列する柵列、三面に廂(ひさし)をもつ高級な建物を含む数棟の掘立柱建物、多数の土壙(どこう)などが発見されています。

 またこれらの遺構に伴って多種多様の遺物が出土しています。このなかには、当時の最高級の土器である三彩(さんさい)・二彩(にさい)陶器や、官人が用いていたと考えられる円面硯(えんめんけん)・転用硯(てんようけん)・帯金具・鞘尻金具(さやじりかなぐ)などがあります。他にも当地の需要をはるかに越えた量の須恵器(すえき)や、当地で葺かれていたとは考え難い瓦などがあって、これらは他処から運んできたものと考えられます。

062s.jpg

 以上のようなことから当遺跡は、宇治川・桂川と合流し淀川となって大阪湾に注ぐ木津川の水運を利用して、

各地から物資を大和に運ぶために国家によって設けられた施設と推定されました。

 文献によると、奈良時代の木津川(当時は泉川)南岸は、「泉津(いずみつ)」と呼ばれる港が開かれ、

平城宮や南都諸大寺の出先機関「木屋所(こやしょ)」が設置されていたことがわかります。

この「木屋所」は、木材を始めとする各種の物資の調達を役目としていて、当遺跡と多くの類似点が見受けられます。

おそらく上津遺跡は、この「木屋所」もしくはこれに類する施設であったと考えられます。


066s.jpg
次は ③ 安福寺 です。
068s.jpg
安福寺は西山浄土宗の寺院で、境内には、平清盛の五男で治承4年(1181)に東大寺・興福寺など奈良(南都)の仏教寺院を焼討にした、いわゆる「南都焼討」を行った平重衡の供養塔と伝えられている十三重石塔があります(下)。
寿永3年(1184)に一ノ谷の戦いで平氏は源氏軍に大敗を喫し、このとき平重衡は馬を射られて捕らえられます。その後、平氏滅亡後、焼討を憎む南都衆徒の強い要求によって重衡は南都へ引き渡され、木津川畔で斬首されました。
また、安福寺本尊の阿弥陀如来像は重衡の引導仏と伝えられています。
079s.jpg


0001-sigehira-03.jpg

 この ④ 平重衡首洗池 で首を洗い持参したと伝えられています(上)。

082s.jpg

その後、重衡を哀れんだ土地の人々は柿の木を植えましたが、

一向に実らず、このことから不成柿と称せられています(上)。


092s.jpg
次は ⑤ 大智寺 です。
泉大橋(国道24号線)の場所には、かつて奈良時代に行基が橋を架けたという。
その後、平安時代に橋は洪水で流されたままになっていたが、鎌倉時代、泉橋の橋柱に文殊菩薩像(下)
104s.jpg
0001-daichiji05.jpg
を刻んだ西大寺慈真和尚を開基として橋柱寺と称する寺院が建立されました。
その後、寛文9年(1669)本寂和尚によって再興し、このときに寺名を橋柱山大智寺と改めました。
本尊の文殊菩薩は重要文化財、本堂・庫裏・鐘楼堂・山門・附石造十三重塔は京都府登録有形文化財、
十一面観音(下)は重要文化財に指定されています。
0001-daichiji06.jpg
建築は京の宮大工による質の高いもので、これだけの伽藍は当時の建造物としては珍しいものです。

121s.jpg
次は ⑥ 和泉式部の墓 (上) です。
口碑によればこの地は和泉式部生誕の地といわれ、
これに因んで町名はもと泉町という。

高さ約130cmと小振りながら鎌倉前期の造立だとされる。

和泉式部の墓は京都「誠心院」のものが良く知られていますが他にもたくさんあるようです。


138s.jpg
昼食場所の木津川市・木津グラウンドに着きました(上)☀。
早速、お弁当を出して先生等と楽しい昼食です。
適当に風も吹いて涼しく頂けました。

143s.jpg
157s.jpg
昼食後、最初の見学場所は ⑦ 正覚寺洪水供養石仏(上) です。

正徳二年(1712)辰八月十九日の洪水によって、此川筋の近在辺境の人民おぼれ、死するもの幾千人という。

その三周期にあたって建立された由。もとは堤防に安置してあったが、流失のおそれがあるので、当寺へ移された。



168s.jpg
次は ⑧ 木津惣墓五輪塔 です。
木津惣墓五輪塔は、花崗岩でできた高さ3.6メートルの典型的な鎌倉時代の五輪塔です。

 惣墓とは、一般庶民の間に個人墓が普及する以前の葬礼の一形態で、いわゆる共同墓地を意味しています。

現在は、五輪塔を残して他の地蔵や石碑は木津町大字木津小字片山の東山墓地へ移されています。

 五輪塔は、上から空輪・風輪・火輪・水輪・地輪から成り立っています。

木津惣墓五輪塔の空輪は、他の部分とバランスがとれていないので、後に補われたものと思われます。

また、水輪には阿弥陀を表す「キリーク」と呼ばれる梵字が刻まれ、地輪の東・北・南面には、下記の刻名があります。

<東面>
同七月十五日阿弥陀経  一万返光明真言□□ 和泉木津僧衆等
廿二人同心合力  勧進五郷甲乙諸  人造立之各毎二
□彼岸光明真言  一万返阿弥陀経  四十八巻誦之可
廻向法界衆生   正応五年壬辰八月日

<北面>
木津郷□□□廿坪内自  未申角木屋所一段自  藤□□未以光明真言
木・・・・・・・・分 □者・・・・・・時正   永仁四年八月十九日

<南面>
永禄五年壬戌  妙林□□ 道心禅門  妙心道心  十月二十七日
妙□ 善通  妙□  □□  □□

 東面の正応五年は西暦1292年、北面の永仁四年は西暦1296年、南面の永禄五年は西暦1562年にあたります。

 木津惣墓五輪塔の建立要因は、銘文にも記されておらず不明ですが、伝承によれば、木津川の氾濫で死亡した人々の供養のために建立されたとしています。

 なお、この五輪塔は、昭和32年2月19日に重要文化財に指定されました。


172s.jpg
途中、民家で珍しい ブラシの木の花 ? を見つけましたヨ!

186S.jpg
最後は ⑨ 相楽(さがらか)神社 です(上・下)。
189s.jpg
相楽神社は木津町大字相楽(さがなか)地区(旧 相楽(さがなか)村) [ 北ノ庄、大里、曽根山の三区]の産土神として祀られてきました。創立は定かではありませんが、明治10年(1877)に『延喜式』神名帳に相楽 (そうらく)郡一座「相楽(サカラカノ)神社」と
明記されていることがわかりました。
それまでは誉田(ほむだ)別命(わけのみこと)(応神天皇)・神足仲彦命(かんたらしなかひこのみこと)
(仲哀天皇)・気長足姫命(おきながたらしひめのみこと)(神功皇后)の八幡神を祭祀しているので、
八幡宮神社の総称である「八幡宮」と呼ばれてきました。

004s.jpg
ここで全員揃って記念撮影しました。
近辺にどなたもおられませんでしたので私が撮影です。

220s.jpg
JR西木津駅まで行き一応解散。
皆様落伍者もなく無事終了しました。
ご参加の皆様、有難うございました。

046s.jpg
6月1日は天理へ (下) !
010s.jpg

参拝、回廊掃除、昼食後は久しぶりに石上神宮(下)へ。
013s.jpg

014s.jpg
新緑がとても綺麗でした!
029s.jpg
この拝殿(上)は国宝です。 
posted by osamu ちゃん at 20:13| 京都 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 歴史探訪サークル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「木津の史跡」を楽しく読ませていただきました。全員で出発前のストレッチ体操をされたり、昼食をはさんで9か所の遺跡めぐりをされた41名の皆様のお元気な足取りに感動いたしました。遺跡の一部巡りをされた由、木津には遺跡がたくさんあるのですね。大智寺の十一面観音さまにとても惹かれました。
Posted by 森 すえ at 2017年06月05日 07:59

森 すえ  様

おはようございます! コメントを有難うございました。
長々の「木津の史跡」にお付き合い頂き誠に有難うございます。 来年3月のパワーポイント作成時に役立つ様に、今回は小まめにまとめておこうと思い長々となりました。
参加者には80歳を越えた人も数々居られますのでストレッチ体操事態も気を使いながらの進行です。が、『昼食をはさんで9か所の遺跡めぐりをされた41名の皆様のお元気な足取り』にお互いが感動いたしております。
『遺跡の一部巡りをされた由、木津には遺跡がたくさんあるのですね。』:木津は那羅山をへだてて南は奈良市に接しますので昔から商工業のさかんなところで、諸官庁の出先機関も多く設けられていた様ですね。また、この地は木津川が笠置峡谷より山城盆地に流れ出るところにいとなまれた集落で、藤原京造営、東大寺建立のとき、全国の木材が木津川の水運によってこの地に揚陸されたそうです。
『大智寺の十一面観音さまにとても惹かれました。』:時間の関係等々で、いつも寺院の中まではご案内頂けないのが残念ですが、いつか個人的には拝見したいものです。御礼!
Posted by osamu at 2017年06月05日 10:13
osamuさま!こんばんは!
何だか6月だといいますのに、ここ、何日間、肌寒い日が続いております。本当に変な気象ですね。
史跡クラブに参加なさって素晴らしい悠久の歴史に身を委ねることが出来てよかったですね。沢山の参加者で凄いサークルですね。木津と言えば、頭によぎりますのは、木津の流れ橋です。
相楽神社、存じませんでした。
Posted by 夢宵桜 at 2017年06月05日 21:22

夢宵桜  様

こんにちは! コメントを有難うございました。
部屋の中で机に向かっていますと肌寒くなり上着をあわてて着るこの頃ですね。 先月下旬は1週間程度風邪で自重しておりましたが、ようやく外出も出来、ヤレヤレです。
宇治市木幡の高齢者教室内で唯一の歴史探訪サークルが再発足して今年で7年目となり、お陰さまで同年代の仲間も出来嬉しい限りです。
木津川と云えば下流の「流れ橋」が有名で、昔は時代劇の撮影にも使われていた様でしたね。もう60年以上前のことですが小学生の夏休みなんかは奈良電に乗って綺麗な砂がある木津川へ泳ぎに行ったことを思い出します。
相楽神社、私も初めてしりました。相楽と書いて現在はソウラクが通称ですが、元々このあたりはサガラガと呼んでいたようですね。
Posted by osamu at 2017年06月06日 11:10
 吹田桃山台の佐野です。やっとコメントの方法が分かりました。
 宇治には見所が多いですね。宇治の歴史の深さを感じます。ブログを拝見してるだけで驚きです。
奈良と遜色を感じません。木津は川を中心に発展した事が伺われます。機会が見つけて訪ねてみたいと思いますが・・・?
Posted by 佐野 無色 at 2017年06月11日 10:01

佐野 無色  様

こんにちは! コメントを有難うございました。
ブログもそうですが、当方もだんだんと新しいソフト等についていくのに応用がきかなくなり往生しています。
現在、別途地元の歴史探求会の一員として参加して少し勉強していますが、宇治は位置的に奈良・京都・大阪・北陸へつながる要所で古くから要人が通過し、休憩・宿泊していたようですね。また、古くから琵琶湖からの水が用土を潤しお茶産業にも貢献していたようです。
木津はさらに奈良に近く、奈良時代の一時期、現在の木津川市加茂地区に恭仁京(くにきょう、くにのみやこ)が開かれた様ですが、直ぐに遷都されたとか。 京都とは少し離れている関係で経済活動はイマイチ?。今回、初めてJR木津駅に下車しました。が、賑やかな印象は無かったです。 帰路は隣接のJR西木津駅は完全な単線駅で初めてみた簡素な簡易駅でかえって印象にのこりました。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A5%BF%E6%9C%A8%E6%B4%A5%E9%A7%85
Posted by osamu at 2017年06月11日 13:32
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック