2017年04月12日

見えない世界を見る 茶木谷吉信 著  他

上は木幡公民館の桜 (上段:4月10日・下段:4月13日撮影)


01-.jpg
02-.jpg
昨日(4月11日)は我が家の月次祭でした。
上はその時、会長夫妻が持参頂いた
今月号の人間いきいき通信からです。

草木の「芽と根」の話、分かっているようで
私もつい忘れていて植木鉢を移動さすときに
鉢の底から根が出ていて、こりゃまずいことをしたなぁ
と思うことが度々あります。

空気の話はもちろんですが、電気や水道だって
目の前で針が動いていたら
節約や感謝という意識
がもっと働くことでしょうね。

最後の文章でまとめて頂いている

「心を澄ませる。人の真心が分かる。見えない世界
が見えてくる。感謝の量が増える。喜びが増え幸せ
になる。これらは一本の線上に並ぶ、幸せへの案内標識です。」

を忘れずに私も生きていきたいと思いました。

追記

004s.jpg
本日(4月12日)午後、かねてから気になっていた
金魚の水槽掃除をやりました。
まだまだ水温も冷たい時期なので
できるだけ今の水を棄てずに他の容器に
保管して作業を進めて無事完了しました。
21時現在、元気に泳いでいます。
ヤレヤレでした!!!
posted by osamu ちゃん at 12:03| 京都 ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | おぢば ・ 信仰 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今の処、青空を背景にした桜を見ておりませんけれど、やはり綺麗な桜を見るとホットします。
Posted by osamu at 2017年04月12日 12:12
[見えない世界を心を澄まして見る」本当にそうですね。
今日もありがたいお話を詠ませていただきありがとうございます。私のよく訪れる明治神宮では短歌など披露されていますが、昭憲皇太后の歌にも「その人の見えぬものの輝きは、こころの内なる輝きである」と詠まれていたかと思いますがとても心に残りました。心を澄まして生きていきたいものですね。
Posted by 森 すえ at 2017年04月12日 13:32
森 すえ  様

こんばんは !  早々にコメントを有難うございました。
『見えない世界を心を澄まして見る』;こちらこそ、明治神宮での昭憲皇太后の → 「その人の見えぬものの輝きは、こころの内なる輝きである」の歌をご教示いただき感謝しております。
共に「心を澄まして」生きていきたいものですね。御礼!
Posted by osamu at 2017年04月12日 20:15
おはようございます。
金魚の水槽のお掃除、ご苦労様でした。
飼われる方の気配り、やさしさがあればこそ、
金魚も生き生きと泳げるのですね。このお気持ちは
まさしく見えない世界かと思います。
きんぎょさん、ずいぶんと大きくなったようですね。
Posted by 森 すえ at 2017年04月13日 05:21

森 すえ  様

おはようございます! 早朝からのコメントを頂き誠に有難うございました。
『金魚の水槽のお掃除』:金魚にとってまだ寒いかなぁと先延ばしになっていましたが、ようやく昨日昼食後実施することが出来ました。『飼われる方の気配り、・・・・・まさしく見えない世界かと思います。』:人間世界ではこういう事はなかなかオープンには出来ませんがこれからも精進したいものです。
『きんぎょさん、ずいぶんと大きく』:もうすっかりおとなに成長したんでしょうね。この容器では少し小さいとは思いますがガマンしてもらっています。今朝も元気にエサを食べていましたよ! 御礼!
Posted by osamu at 2017年04月13日 09:23
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック