2016年01月27日

今月4回目の大阪へ !  ほか

006 上は1回目(1月13日)、大阪城周辺散歩(梅林鑑賞含めて)

013左は2回目(1月16日)、北浜・五代友厚像の近くで40年前の仲間と会合。

00000001anakaya01_3 

012_2

008_2

上は3回目、1月22日、阿倍野の南大教会へ参拝。

003

010_2

上は4回目(1月27日:本日)、梅田・阪急近くで20年前の仲間の会合。

寒い時期はあまり出掛けたくないと思いながら、実際出掛けて見ると楽しみがアチコチ有って、出掛けて良かったなぁと思うこの頃です。

以下は付録。251_2 上は、本日リンク先で綺麗な名古屋城を拝見しましたので、私はいつ頃だったのか振り返りましたら2年前(2014年4月)の桜の開花の頃でした。

Img_20160128_0001

Img_20160128_0002

Img_20160127_0001

上・下は毎日新聞・2016ー1-26夕刊および毎日新聞ネットより。

天理教の「教祖(おやさま)130年祭」が26日、奈良県天理市三島町の天理教教会本部神殿で営まれた。 年祭は、中山みき教祖(1798〜1887)が亡くなった日に10年ごとに行われる節目の行事。教会本部は同日中に信者約20万人が帰参すると見込んでいる。

午前10時半から、中山善司真柱(しんばしら)を祭主に式典があり、韓国、台湾、米国など海外からの帰参者を含む多くの信者が参列。教会本部周辺は黒い法被姿の信者らで埋まった。

中山真柱が祭文を奏上した後、「かぐらづとめ」「てをどり」と呼ばれる祭儀が執り行われた。信者は中山みき教祖をしのび、全ての人が明るく楽しく暮らす「陽気ぐらし」の実現を祈った。【熊谷仁志】

12417983_1095297617168611_758295013 1月26日はフィリピンからご帰参の皆様やマコちゃん家族にはお逢いできませんでしたが、只今、フェイスブックでお知らせ頂き嬉しいことでした。有難うございました[E:happy01]。

2016年01月25日

おめでとう !  琴奨菊 関    ほか

0001a028

003

032

035

0001a041

常は大相撲放送をあまり見ない私も昨日(1月24日)は拝見しました。 琴奨菊が豪栄道との大関対決を制し、2006年初場所の栃東(玉ノ井親方)以来10年ぶりに日本出身力士が賜杯を抱いた由。 誠におめでとうございました。 この1月30日に32歳の誕生日に妻・祐未(ユミ)さんと結婚披露宴(挙式)の予定とか、重ねておめでとうございます[E:heart04]。

Img_20160125_0001 上は、本日の毎日新聞・余録からで、相撲が日本の国技になった謂れの経緯など掲載されていた。 国技の大相撲で10年振りの日本人優勝とは少し淋しい気がします。 この期を境にこれからは大いに日本人の優勝を期待したいものです。

1月31日 追記 (スポーツ報知より)

00000000000000koto_2

大相撲の大関・琴奨菊=佐渡ケ嶽=が32歳の誕生日である30日、昨年7月10日に結婚した祐未夫人(29)と都内のホテルで挙式披露宴を行った。98年名古屋場所の3代目・若乃花以来の日本人新横綱誕生が懸かる春場所(3月13日初日、エディオンアリーナ大阪)で昇進すれば、先代・佐渡ケ嶽親方(元横綱・琴桜)の32歳1か月を更新し、58年の年6場所制以降最年長での横綱昇進となる。約630人が出席した晴れの舞台で、綱取りに向けて決意を新たにした。

続きを読む
posted by osamu ちゃん at 11:03| Comment(6) | おぢば ・ 信仰 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月21日

2016-01-20 京都市内にも初積雪 !   他

003

Img_20160121_0001昨日(1月20日)は南誠・春季大祭。 8時頃マイカー・フロントガラスに少し雪が積もっていましたのでバケツ1杯の水をぶっかけ妻の運転で出発。 宇治の方はそれほど大したことは無かったのですが、教会の玄関(上)では昨夜からの降雪で数センチ、金閣寺では4cmの積雪(左)だった模様。

010

0001a029

滋賀県の方は京都市内よりもっと積雪が多かったので「おつとめ人衆」の集まりを心配しましたが予定していた方々も定時には来て下さり、大教会からのT先生を迎えて春季大祭も厳かにつとめさせて頂きました。

直会時にはフィリピンからの帰参者も集い、大いに賑やかに過ごさせて頂きました。 まだ、10ヶ月の赤ちゃんもご一緒なので、くれぐれもお風邪など召さないよう祈っております。

続きを読む
posted by osamu ちゃん at 13:32| Comment(2) | おぢば ・ 信仰 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする