2015年08月23日

2015 地蔵盆  ほか

012

043

020

昨日(8月22日)は所用にてJRで京都まで !

ひとつの所用を終え、次は小学・同窓生O君宅へ。 O君は昨年5月の同窓会には元気に幹事の世話役として出席されていたのがその年の10月に嘘の様に彼方へ。 O君宅では奥様から「よう来てくれた」と歓待され、しばしO君との思い出話をしました。 それから東寺さんへ。 上の写真は宝蔵前の堀に咲く蓮の花。 その後、夜叉神堂などを鑑賞して金堂の方へ向って歩いていると、何と右京区太秦にお住まいの小学校同窓生の旧姓Kさんと偶然お逢いしました。 「今、O君宅へ伺って来たとこや!」 と話したり、しばし懇談。またゆっくり場所を変えて話をきくことにしたい。

047

049

058東寺の後、久々に伏見稲荷神社の御旅所へも寄って来ました。

幼い頃の5月初旬、ここへ来て「綿菓子」や「金魚すくい」などの懐かしい思い出の土地です。

001昨日は土曜日とあって、東寺の周辺のご町内では地蔵盆が実施されていました。

私どもの町内では宗教色の無い「夏祭り」。 ビンゴゲームでは孫が重たい「箱入りジュース缶」抱えて大喜びで帰って来ました。

能化院では明日の夜、地蔵盆施食法要が実施される模様(左)。

002_2

 

続きを読む
posted by osamu ちゃん at 12:56| Comment(4) | TrackBack(0) | くらし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月17日

2015 京都・五山送り火 ほか

0001a

20150817okuribi昨日は「京都・五山送り火」をKBS京都TVで拝見しました。

その様子を京都新聞のネットから下記に!

お盆に迎えた精霊を送る京都の伝統行事「五山送り火」が16日夜、京都市内で行われた。山肌に炎が揺らめく夜景を市民や観光客らが静かに眺め、故人に思いをはせながら過ぎゆく夏を惜しんだ。

午後8時、如意ケ嶽(左京区)の「大文字」に点火された。続いて、「妙」「法」、そして「船形」と「左大文字」、「鳥居形」と順に火がともされ、京都盆地を囲む山々にくっきりと文字が浮かび上がった。  真夏日となった日中の暑さは夜には和らぎ、市内の人出は昨年より2万人多い約6万人(京都府警調べ)だった。時折小雨が降った上京区の鴨川沿いでは、浴衣姿の家族連れや観光客らが大勢繰り出し、先祖や亡き人たちをしのんで手を合わせたり、鮮やかに燃え立つ炎をスマートフォンで撮影したりしていた。016 雨も心配されていましたが予定通り全てうまく点火され良かったです[E:happy01]。

019

020番組では五山送り火の歴史を紹介され、京都府令で廃仏毀釈の為、明治5年から行事を中止されていたが明治16年には禁止令が取り消され送り火が復活した模様。

また、戦火の昭和19年8月には白い服を着て大文字に登り「白文字」で「大」を描いた模様です。

0001b

続きを読む
posted by osamu ちゃん at 17:25| Comment(4) | TrackBack(0) | くらし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする