2012年07月23日

「水害の記憶」 と 「対策工事」

20120723 

本日の毎日新聞・朝刊の女の気持ち「水害の記憶」を読んで、自然災害のことを経験した人々はその猛威をいつまでもその肌に深く残っているのでしょうが、それ以外の人はしばらく経過するとすっかり忘れ去られてしまうのでしょうね!

先日から九州北部近くの京都市北部、また、中国北京でも大水害が発生しているようでだんだんと自分の住んでいる街も油断なりません。私の区域では天井川が有り、その氾濫対策工事を10年前くらいから逐次実施しております。昨日7月22日、その天井川を下げると今までその下を通過していた人々が影響を受けるため、その現地説明会がございました。

03 

2012_0723_104252p1300151

上の縦断図に示す通り、私の住んでいる区域は宇治川右岸でその地盤高さは河川床からせいぜい4~5メートル上で、西田熊小路線に架かる「雲雀橋」の高さより4~5メートルは低くなっています。それで今から45年前の昭和42年7月豪雨では下図のように天井川の底が抜け辺り一面が水浸しとなったようです。

01 

当時の周辺は下図のように田畑だったようですが、今や天井川を挟んで南北は住宅地となっており、同様な事が発生すれば大事に至ることでしょう!
20120723_2 

そこで、京都府及び宇治市では下図のように天井川を下げて流下能力も30トン毎秒まで上げる計画を地元説明しております。

02 

06
しかしながら、下表に示すように天井川の下を通るのは、一日当たり(平日)2760人と多く、その内、この日は車椅子と乳母車の人数は合計32人。

04 

2012_0722_160632p13001092012_0722_161319p1300116

そこで、道路傾斜の問題が出て、具体的に視覚で分かるようにロープ等で説明を受けました(上図)。

その設計、土地確保等で府・市、双方苦労されている様子ですが、地元と合意が得るまでにはまだまだ時間がかかりそうな雰囲気です。出来上がるまでに水害が発生することの無いよう祈るばかりです。

続きを読む
posted by osamu ちゃん at 15:11| Comment(10) | TrackBack(0) | ニュース・芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月19日

京都水族館へ行ってきました!

本日は孫守で初めての京都水族館へ!  京都駅から徒歩では孫の足取りでは大丈夫かなぁと心配しておりましたが、娘と何回か行っているようで、道案内をしてくれ、近道で20数分で到着しました[E:happy01]。 2回の入場料で年間パスポートを発行してくれるようなので、それで入ることにしました。この日のイルカショーは午前中は10時半からと11時半から2回有り、両方とも見ることができました。その他、ペンギンとか、ゆっくり見たいと思っておりましたが、孫が見物に疲れたようなので、年間パスポートも有ることだからと次回に譲ることにし、早々に帰宅することにしました。続きを読む
posted by osamu ちゃん at 21:23| Comment(8) | TrackBack(0) | お出かけ・旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする