2009年10月31日

久々の木幡池

P1070695_3                              

久々の木幡池です!ナナちゃんが実家に戻って朝の散歩も久しぶりとなりました。

先月、21日みかけた、渡り鳥の鴨も迎えてくれました。

P1060563 先月に撮った鴨

P1070667 本日、特に木幡池を観たかったのは、ブロ友の森さんがご紹介されていたコキア(ほうき草)が此方では、いかがかなあと思っていたからです。左のような真っ赤のも残っていましたが、

P1070664

いくつか、庭ほうきの形をして干されていましたよ!

森さんのブログによれば。「見て良し、使って良し、食べて良し」の三拍子のコキアとの事で、若い枝は茹でて食べられるそうです。

歩いていると、丁度、世話をされている小父さんが来られたが聞きそびれてしまった。この小父さんが育てておられる、ほうき草の横には、綺麗に葉牡丹も育っているようでした。

P1070670_2 本日から、日本シリーズが始まります。新聞には、つなぎのFIGHTERSか強打のGIANTSか、経験値も戦績も互角と書かれています。

わが阪神にも城島が入団し、来年こそは期待していますよ!

posted by osamu ちゃん at 09:43| Comment(10) | TrackBack(0) | 宇治川・木幡池周辺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月27日

お道のことば

P1070649 昨日(26日)は天理・秋季大祭でした。朝、5時頃起床したところ激しい雨で、どうしょうかなあと思っていましたが、日が明るくなるにしたがい小雨になり出かけました。

雨にも関わらず、世界各地から大勢の人がお参りに来られていました。北礼拝殿下では、香川県のKさんが車椅子の夫と共に、25日からの参拝ですと仰っておられました。南詰所ではフィリピンからの善一さんにも出逢いました。

天理本通りの、ギャラリーおやさとでは、『お道のことば書作展』が開かれていました。

この書は、教祖の逸話篇の中からのことばで、

明治16,17年頃の話。久保小三郎が、子供の楢治郎の眼病を救けて頂いて、お礼詣りに、妻子を連れておぢばへ帰らせて頂いた時の話です。(喜多 善子さんの作品)

川上美也子さんは『よろこび勇んで』と力強く書かれていました。その他、お道のことばに相応しい素敵な書が一杯で楽しませて頂きました。

P1070645  P1070646                

P1070650_2

posted by osamu ちゃん at 06:14| Comment(8) | TrackBack(0) | おぢば ・ 信仰 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月25日

鴨川と柳

P1070627

本日、四条京阪まで出かけました。地下から上がると鴨川の辺には柳の葉がながーく伸びていましたよ。

P1070630_2

鴨川・右岸の辺ではアベックさん達が数メートル間隔で楽しく語り合っているようでした。

この間隔はだいたい2メートルが程好いそうと家人が申しておりました。

P1070631 京都高島屋7階では日本伝統工芸展をやっていました。見事な作品ばかりで圧倒されましたよ。

posted by osamu ちゃん at 21:59| Comment(6) | TrackBack(0) | お出かけ・旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする