2007年05月31日

カタツムリ

Vg_2r5nc 昨日雨上がりの午後、明治天皇御陵の麓から桓武天皇柏原陵経由伏見桃山城へ散策した。一時は年間100万人近くの入場者があったこの伏見桃山城も今や閉鎖されひっそりとしていた。豊臣家の晩年をみるようで侘しい。
帰途も逆のルートで戻った。映画『殯の森』のように30m程度伸びた木々が天に向かって並んで伸びている。そんな途中、よくみると『かたつむり』が角を出して歩んでいた。久しぶりの光景でした。



posted by osamu ちゃん at 20:38| Comment(2) | TrackBack(0) | くらし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月30日

殯(もがり)の森・カンヌ・グランプリ

Vgqghscu 河瀬直美監督の『殯の森』が南仏・カンヌで開催された『第60回カンヌ国際映画祭』で最高賞のパルムドールに次ぐグランプリ(審査員特別大賞)を受賞した(現地5月27日夜)。私は今まで河瀬監督のことは知らなかったが、非常に謙虚に『ごく個人的なことを通じて人間の普遍的な部分を描き、世界の知らない人々に伝えたい。・・・』と語る言葉が印象深い。
昨夜20時からNHKハイビジョン放送で『殯の森』が上映され、予告編と思っていただけにとてもラッキーだった。
『殯の森』の作品は、河瀬監督の育ての親に認知症の兆候が表れたところから構想を練っていたとのことで、非常に身近なことを掘り下げて表現されている。奈良の茶畑や森の風景が特に綺麗に撮影されていた。[E:wink]

posted by osamu ちゃん at 09:28| Comment(1) | TrackBack(0) | ニュース・芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月29日

我慢辛抱の岡田監督・喜怒哀楽の星野SD

Dan4jrxe 私の周りには阪神タイガース・ファンが多い。昨日もロッテに大敗、歴史的屈辱と同カード連続2ケタ失点でお互いストレスが限界に達してきている。
そんな中で、『楽天の山崎など野村監督の薫陶よろしきで、結局チームの指導が問題だと思いますが・・・』という暖かなご指摘のEメールを頂戴した。
星野SDが昨日のNHK衛星TV解説後の会見で『まだ借金7やないか、“まだ”や、調子を取り戻したら取り返せる数字や、もっと選手にハッパをかけたり工夫せんとね・・・』これ以上いうとグチになると、タバコをくわえたらしい。情熱が表面に出て分りやすい。残念ながら岡田監督の周りのコーチは似たもの同士でおとなしすぎる。
素人の私から見ても、投手の交代時期なんか、ズバズバやれば随分勝っていると思われる試合もあったように思う。もっとハングリーになって毎日全員で戦う姿勢がなくては簡単には勝てない!もっとタイムリーに必死になって戦って欲しい。[E:shock]

posted by osamu ちゃん at 11:31| Comment(3) | TrackBack(0) | ニュース・芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする